キャッシングの限度額

比較的簡単な手続きでお金を借りる手段として多くの人たちに利用されている消費者金融のキャッシングですが、その限度額は利用者の年収によって決められています。
キャッシングのサービスを提供している消費者金融の業者やクレジットカードを発行している信販会社は貸金業に分類されていますが、この業態の業者に関しては貸金業法という法律によってその業務が規制されています。
現在ではあまり聞くことがなくなりましたが、一時期社会的な問題となったのが多重債務者や自己破産者の増加についてですが、その主な原因となっていたのが消費者金融のキャッシングや信販会社のクレジットカードなどの無計画な利用でした。

多重債務者や自己破産者の増加に歯止めを掛ける対策として貸金業法が改正されることになったのです。
貸金業法が改正される以前にも各貸金業者ではそれぞれ独自の貸付の限度額が設定されてはいましたが、貸付けを行って利息を稼ぐことが貸金業の収益の柱となっているため、ときには明らかに返済能力に不安のある人物への貸付けを行うケースもありました。
その点を踏まえ、貸金業法が改正されると同時に総量規制という貸付けの限度額を定めた決まりが新しく作られることになりました。
総量規制では、各貸金業者独自の貸付の限度額だけではなく、利用者の年収によってキャッシングやクレジットカードを利用できる可能な額が設定されています。
貸金業者は、利用者の年収の3分の1を超える金額は貸付けてはならないというルールが新たに設けられたのです。

そのため、すでに年収の3分の1を超える金額を借入れている利用者の場合、たとえキャッシングの業者を変えたとしても新規に借入をすることができなくなったのです。
また、貸金業法が改正される前であれば、貸金業者によっては審査に通過する可能性のあった安定した収入のない人も、総量規制が作られたことによってキャッシングやクレジットカードを新規に申込むことができなくなったのです。

ちなみに今すぐ借りるBIGでは限度額が大きい金融機関も紹介されています。
大口融資を利用したいときにとても便利です。