キャッシング返済の過払いについて

キャッシングは金融機関が提供する便利なサービスの一つですが、知らないうちに返済しすぎている場合があります。そのような場合のお金を過払い金といいます。
利息制限法という法律で利息は年率15〜20%と決められていますが、これを越えた利率で返済していた場合に過払いが発生することがあります。これはいわゆるグレーゾーン金利と呼ばれるものですから、自分の返済が規定の範囲内かどうか関心が薄かった人やその心配がある人は、もう一度計算し直してみることをおすすめします。もしも払いすぎてる状態であれば、利用している金融業者に請求することができますから、遠慮なく申し出るといいでしょう。
また長期的にキャッシングを利用して、返済も長期化している場合にも過払いが発生する可能性があります。その場合も、もちろん払いすぎた分を請求することができますから、取引が長期化している人も必ず確認しておいた方がいいポイントでしょう。
過払い金を金融業者に請求するのは、キャッシングを利用した者が持っている大切な権利のひとつです。すでに完済しているという人でも、10年以内であれば過払い金の請求をすることができます。10年以内のキャッシング利用に心当たりがある方は、インターネット上にある無料の過払い金計算機などで計算してみてください。払いすぎていた場合は、相談を受け付けている事務所などを通せば比較的楽にお金を取り戻すことができることでしょう。